膝の黒ずみ,ロコシャイン

クロキュアの口コミ

クロキュアの口コミ

 

>>アマゾンショップ クロキュア通販はコチラ

 

小林製薬から発売されている、ひじ、ひざの黒ずみを改善してくれるクリームのクロキュア
でもこれって本当に効果があるの?って思いますよね
ということで、クロキュアの口コミ評価を調べてみました。

 

 

効果があった よかった口コミ

 

クロキュアの口コミ

膝の黒ずみは薄くなったように思います。
どうにか変われないかなって望んでいたところ、TVのCMを見て購入。肘と膝に塗ってます。クリームはサラサラっとしてますがうるおい感も有。

 

何十年と黒かったのでいくらなんでも一本では完全に白くはならないですが膝の黒ずみは薄くなったような気がしています。
そして1番強く実感したのは肘と膝の皮膚がソフトくなった!ですね。

 

 

クロキュアの口コミ

ほんとうに薄くなりました
左右膝で効き目の違いが出ました!!
左足の黒ずみが頑固だったため、左膝だけ朝昼晩1ヵ月つけてみることにしました。(1本使い切りました)
右膝より薄くなるとは思わなくて嬉しいです♪
思わず喜びの報告。笑

 

 

クロキュアの口コミ

膝の黒ずみは薄くなったように思います。
入浴が済んだら手作りの美肌水(尿素入り化粧水)を一杯コットンにとり肘部分にパッティングしたあとにコットンでしばらくの間パックしておきます。
その後ににクロキュアをすりこむように塗っています。。
商品そのものは伸びの良いクリームでちょっとでも保湿効果はあります。

 

 

効果がなかった よくなかった口コミ

 

クロキュアの口コミ

まったく効果がでませんでした。
職業柄膝たち仕事が多いので、同僚に進められて購入しました

 

1ヶ月使ってみましたが大きな変化はなかったので全員に効果があるというわけではなさそうです。

 

 

 

さすが小林製薬の商品です、口コミを見ても効果が出たって人はとても多かったように思います。
効果がでるまでの時間は平均で1ヶ月って人が多かったです。
ですが中には、1本使っても効果が出なかったという人もいました。なかでも気になったのがこの口コミです。

 

クロキュアの口コミ

ちょっとヒリヒリしました
長年なやんでいた膝の黒ずみが改善できると思い購入しましたが、使ってみるとちょっとピリピリとしました。
もしかして・・って思って成分を見てみると尿素が入っていました。
買う前に成分をチェックしなかったのも悪かったですが、尿素系が苦手な私にはとても残念です。

 

クロキュアのメインの成分は尿素

クロキュアの口コミ

 

クロキュアのメインの成分は尿素です。
この尿素が、黒ずんだひじ、ひざ、やザラザラを改善するのに効果があるのですが刺激が強いので敏感肌の人や肌の弱い人はピリピリするといった弱点があります。
その理由は尿素には軽いピーリング作用があるからです。

 

なので、「クロキュアの使用注意には目の周辺や粘膜」、「かさぶたのように皮膚がはがれている場所」、「赤くなっているところ」などには使ってはいけないことになっています。

 

あと失敗しやすいのが、クロキュアを他の部位にも使ってしまうことです。
とくに、ムダ毛の自己処理によるワキ、Vラインの黒ずみに使ってしまう人です。

 

おなじ黒ずみに効果があるんだからと気軽に使ってしまうと思わぬ失敗をしてしまう恐れがあります。
とくにワキなどはカミソリ負けしている場合もあるので塗ったとたん痛みが出たなんてことも珍しくありません。

 

肘と膝に使えてワキやVラインに使えないのは肘、膝が他の部位と違って皮膚に厚みがあるので痛みを感じにくい場所だからです。

 

敏感肌で尿素系が使えない、他の部位でも使いたいなら・・

 

クロキュアの口コミから分かったクリームの相性の悪い人とは

 

肘、膝の黒ずみはなんとかして改善したい、でも尿素系のクリームは肌に合わないから使いたくない・・
そんは人には水溶性プラセンタエキスグリチルリチン酸2Kを配合したクリームを使うという方法があります。

 

これらも黒ずみ改善に効果がある成分ですが、敏感肌の人や肌の弱い人にも使え尿素系クリームのようにピリピリする事もありません。
ただ、尿素よりも若干成分コストが高くなるという弱点はあります。

 

ですが、肌の弱い人でも使えるし他の部位にも使えるということから使用している人はたくさんいます。
水溶性プラセンタエキスグリチルリチン酸2Kを配合したクリームで一番有名なのがロコシャインという膝の黒ずみ用クリームでしょう。

 

多くの女性雑誌にも紹介されていますし、商品としての評価も高いので尿素入りを使いたくないって人は参考にしてみてください。

 

>>ロコシャインの詳しい詳細についてはコチラ